SyntaxHighlighter

2015年11月17日火曜日

vRealize Operations Manager 6.1 カスタムレポート

デフォルトのレポートのままだと1レポート1ビューなので、見たい情報をまとめたカスタムレポートを作成してみます。

  1. レポート対象にしたい環境を表示した状態で、右ペインで[レポート]タブを開き、[レポートテンプレート]ボタンをクリックして[+]のアイコンをクリック。
  2. [名前]にレポート名を入力して[2.ビューとダッシュボード]をクリック。
  3. レポートに出力したいビューを左ペインから右ペインにドラッグ&ドロップで配置する。右ペインに配置した際に、実際に出力される情報のプレビューも表示される。右ペイン内で項目をドラッグ&ドロップして並び順も変えられる。ビューを配置し終わったら[3.形式]をクリック。
  4. ファイル形式が選べるが特に変更する必要がなければ[4.レイアウトオプション]をクリック。
  5. [表紙][目次][フッター]にチェックを入れる。表紙の画像を差し替えたい場合は[参照]ボタンを押して画像ファイルを指定する(画像を変える場合は下の詳細も参考にしてください)。終わったら[保存]ボタンをクリック。
  6. 作成したテンプレートを選択した状態で、[テンプレートの実行]ボタンをクリックしてレポート作成。

オリジナルレポートのサンプルを2つのっけておきます。表紙の写真はフリー写真素材ぱくたそさんからもらってきました。

表紙の画像差し替えについての詳細。差し替えられる画像は1つだけ。サイズは 5MB までで、対応フォーマットは png, gif, jpg, bmp で、画像のサイズは 8.5 インチ× 11 インチ。サイズがあっていない場合は勝手にリサイズされ、上のサンプルレポートを見てわかる通り、横幅は一杯、縦は上から下 5 分の 4 ぐらいまでの背景にされます。レポート名は白字、レポート対象や生成日時などの情報は黒字固定なので、コントラストを考慮した背景にしないと見にくいです。レポートテンプレート編集時のプレビュー画面は実際に生成されるものとは画像の位置も文字色も合っていないので、実際にレポート生成して確かめる必要があります。以下は、横は 0.5 インチ単位、縦は 1 インチ単位でグリッドを引いた、8.5 インチ× 11 インチ画像を使ったレポートです。

上から 6 インチ~ 7 インチがレポート名、7 インチ~ 9 インチが生成情報部分ですね。というわけで、以下のサンプルのように、6 インチ~ 7 インチの部分に暗い背景が、7 インチ~ 9 インチの部分に明るい背景が来るようにデザインを調整するといいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿