SyntaxHighlighter

2015年11月3日火曜日

vCenter Serverの統計情報について

vCenter Serverで表示できる統計情報の保存期間と容量について確認してみました。バージョンは6.0u1です。

デフォルトでは、5分間隔:1日、30分間隔:1週間、2時間間隔:1ヶ月、1日間隔:1年、レベルは全て1となっています。ホスト10台、仮想マシン100台で見積もると1.27GB必要と出ます。

統計レベルについて
レベルは4段階あります。
レベル1は、CPU、メモリ、ディスク、ネットワークの平均使用量、システムアップタイム、システムハートビート、DRSメトリックが含まれます。レベル2は、レベル1の内容に加え、ネットワークカウンタ(平均、合計、最新ロールアップタイプ(最大および最小ロールアップタイプは除く))が含まれます。レベル3は、全てのカウンタグループのデバイスを含む全てのメトリックが含まれます。レベル4は、vCenter Serverがサポートする全てのメトリックが含まれます。ただし、レベル4はデバッグ目的でのみ使用するようマニュアルに記載されています。デフォルトの間隔と保存期間のまま、レベルを全て4に統一するとサイズは12.44GBになります。3だと9.04GBです。2だと4.45GBです。間隔が短い統計情報のレベルを、間隔が長い統計情報のレベルより小さくすることはできません。逆は可能です。
間隔について
「間隔」は、一番短いものを除いて変更できません。一番短いものは、1分、2分、3分、5分から選択可能です。
保存期間について
一番短い間隔の統計情報の保存期間は1日~5日まで1日刻みで選択可能です。30分間隔のものは1週間固定です。2時間間隔のものは1ヶ月固定です。1日間隔のものは1年~5年まで1年刻みで選択可能です。レベルは全て3で、一番短い間隔のものを5日、1日間隔のものを5年保存するように設定すると、サイズは26.54GBになります。
保存容量の見積もりにおけるホストと仮想マシン数について
数が増えれば容量も増えるのは当たり前ですが、何パターンか試してみた限り、直線グラフにはならなそうです。文系エンジニアなので数式までははじき出せませんでした。レベルは全て3、5分間隔:5日、30分間隔:1週間、2時間間隔:1ヶ月、1日間隔:5年で何パターンか見積もってみましたのでご参考までに。厳密な見積もりが必要であれば実際に評価版で見積もられることをお勧めします。
ホスト3、仮想マシン30:8.68GB
ホスト5、仮想マシン50:13.82GB
ホスト5、仮想マシン100:23.59GB
ホスト8、仮想マシン320:68.3GB
ホスト10、仮想マシン100:26.54GB
ホスト10、仮想マシン150:36.31GB
ホスト10、仮想マシン200:46.08GB
ホスト10、仮想マシン300:65.62GB
ホスト10、仮想マシン400:85.16GB

0 件のコメント:

コメントを投稿