SyntaxHighlighter

2012年5月19日土曜日

技術って何だったっけ?

久々に Android 以外の話。

部署異動で、運用の仕事からプリセールスのSEに変わりました。主な仕事は打ち合わせと調整と提案書作りと見積もり作り。 以前は毎日のようにサーバにログインしてコマンドを打ったりしていたわけですが、今では一切ありません。 『技術力=いかにたくさんの製品知識があるか』です。 その製品の仕組みとか操作方法とかまでは知る必要は無く、ホームページに載っていることレベルの知識。 あとは値段。提案が終われば、その後は事務作業メインで設計や構築は外注を使います。 商用製品についてあまり知識の無い私は底辺の人間。

正直なところ、提案書作りはたまにならいいけど毎日そればっかりっていうのはつまらないし、見積もり作りもつまらないし、無駄に多くて長い打ち合わせもつまらないし、連日終電まで働いて、何が楽しいのか、何をモチベーションに頑張ればいいのかわからず辛い。 商用製品の知識が増えることで技術力が高まったと私自身が感じられれば、成長を実感できるということなのでやりがいはあると思うのですが、私はどうもそうは思えないみたいです。 プリ向いてないですね。ポストも向いているかどうかはわからないですがプリよりは確実に仕事が楽しかった気はします。 それとも労働環境の差でそう思うだけなんだろうか。疲れてて頭がまわらない。趣味でやってるプログラミングは楽しいです。 でももしこれが仕事になってしまったら、楽しいと思い続けられるのかな? だいいちプログラマの単価はオフショアの影響も大きく年々下がっているので今更上流SEではなくプログラマに転職っていうのは考えにくい選択肢ですね。 天才レベルなら別ですが。凡人なので。家庭もあるので給料どんなに安くてもいいとはやっぱり言えません。年齢的にも後戻りが出来なくなりつつあります。

ここに書いてある『手配師』まさにこれ。http://ceo.livedoor.biz/archives/24821118.html

0 件のコメント:

コメントを投稿